受験資格ってあるの?学校に通わなくても合格できる?

受験資格は特に設けられていない

法律系の国家資格を取得したいとき、まずはその試験を受験する必要があります。受験には受験資格が設定されているので、それがクリアできないと受験ができません。司法試験なら、法科大学院を修了するのが一般的なコースです。税理士や公認会計士、社会保険労務士なども一定の学歴や業務経験などがないと受けられません。行政書士といえば、行政書類を作成する専門家として知られています。法律資格の一つになりますが、受験資格として学歴などがあるかどうかです。現在の段階では、特に学歴などの基準は設けられていません。誰でも受けられます。せっかく勉強したのに受験資格がなくて断念する人がいるようですが、この資格ではその心配をする必要はなさそうです。

合格者の勉強の仕方は多彩と言える

難関国家試験になると、それらの合格者がどんな勉強のしてきたかが注目されます。難関になるほど独学が難しくなるので、専門学校を利用する人が多くなるでしょう。費用もかかりますし、学校に通学する負担も大きくなります。行政書士の資格を取得するときも、最も確実なのは専門学校に通う方法になるでしょう。法律知識がある人ならともかく、全くない人が参考書などで独学するのは非常に時間がかかると言えます。ただ、この試験は専門学校に通って人以外の合格が多いともされています。通信教育タイプの講座を受けていたり、書店などでテキストなどを購入して勉強した人なども合格レベルに達しています。ライフスタイルに応じた勉強方法から選べると言えるでしょう。

行政書士の試験は法令科目244点、一般知識科目56点、合計300点満点となっており、どちらの科目も正解率50パーセント以上で、トータル180点以上が合格ラインとされています。