将来性の高い司法書士の資格を取得する方法

司法書士の資格のメリット

司法書士の資格は、法律事務所や民間企業の法務部などに勤務ができるだけでなく、独立開業に関心がある人にとって大きな魅力があります。特に、司法書士試験に合格をするためには、民法や刑法、商法などの基本的な事項をマスターするだけでなく、民事訴訟法や刑事訴訟法などの専門的な分野の広い範囲の知識が要求されることから、数年以上の学習期間を設けることが大切です。司法書士の資格の活かし方は、それぞれの年齢や適性、スキルなどによりますが、将来のキャリアを考慮するうえで、数年間にわたり働きながら経験を積める職場を探すことがおすすめです。その他、司法書士として事務所を立ち上げたい場合には、顧客の集め方や相談対応のポイントをつかむことが重要です。

司法書士の試験勉強の取り組み方

司法書士試験は、数ある国家試験の中でも合格率が低く、高度な法律上の解釈が求められるため、苦手分野を中心として効率よく勉強をすることが大事です。例えば、法律事務所などでの勤務経験のある人や、法学部を卒業した人であれば、市販の教材を利用しながら合格を目指すことができます。一方、法律に関する知識がない人であれば、独学では対策を立てることが難しいため、合格実績のある予備校に通うことで、専門の講師から数年間にわたる指導を受けることがおすすめです。司法書士の試験勉強に必要な期間の長さは、各自の知識量や学力などに左右されますが、短期間で合格を目指すために、時には有資格者のアドバイスを参考にすることが効果的です。

司法書士の試験は、近年通信教育での試験勉強も可能となっており、テキスト等を使うことによって十分合格を目指すことができます。