一年に一回しかないことが最大の難関になる試験

難易度自体はそれほど高くないですが

宅建試験は例年10月の第3日曜日に試験が行われます。民法や不動産登記法、宅建業法など不動産取引に関係する法律から幅広く出題され、合格率は15%ほどになっています。しかしこれは全出願者から計算した合格率であり、しっかり準備をした人だけで考慮すると30~40%ほどではないかという意見があります。多くの出版社でテキストが発行されていることから独学で勉強をする方が多く、標準学習時間はおよそ300時間と言われています。ある程度集中して勉強をしないと内容を記憶しておくことが難しいですから、一日3時間ほどの学習を3カ月行うようなイメージになります。休日はさらに多くの時間が取れますね。

確実な合格を狙うなら予備校の利用を

実際に学習を進めると、法律を理解するのはそれほど難しくなく、寧ろ宅建業法などで暗記をすることに苦労をすると思われます。しかしここで注意をしたいことは、一年に一度しかチャンスが無いということです。もしも不合格と言う結果になれば、それから一年間記憶を維持しなくてはなりません。実際のところは再びゼロからのスタートとなります。学習期間を長めに考え、一回で確実に合格する姿勢が必要となります。そのためには予備校を利用するのが良いでしょう。テキストでは伝えきれない試験のテクニックを教えて貰えます。数万円の費用がかかってしまいますが、一回で合格する確率を高める点で有効な方法と言えますね。また、予備校ではテキストも用意して貰えますし、当日試験会場に持って行けるような暗記カードもあります。効率性を重視し、最短距離で試験に合格しましょう。

宅建の講座は、宅建士取得を目的にしている方を対象としています。初心者からでも最短合格できるようにした内容です。