口座にお金がないのにデビットカードで決済を試みたら?

エラーが出るだけでペナルティを受けることはない

デビットカードで決済するためには、必ず銀行口座にお金がなければなりません。1000円の商品を買う場合、口座に1000円入っていれば問題ありませんが、1000円未満であれば決済不可ということになってしまいます。では、口座にお金がなくて決済不可になってしまった場合、なんらかのペナルティは存在するのでしょうか。これは特に心配する必要はありません。口座にお金がないのに、短期間で頻繁に決済の試みが行われた場合、誰かが不正にデビットカードを利用していると見なされて停止させられる可能性はありますが、うっかり、一、二回、口座にお金がない状態で決済を試みても、そのあと、普通に使うことができます。

口座にお金がないにもかかわらず決済できることも

デビットカードをよく使う人の中には、口座にお金が入っていないにもかかわらず、なぜか商品を買えたり、サービスに申し込めたことがあるという経験を持つ人もいるかもしれません。なぜ、そういったことが起こるのかというと、デビットカード決済は必ずしもリアルタイムで行われるとは限らないからです。クレジットカード番号を持つデビットカードを使うと、決済システムはデビットカードではなく、クレジットカードと見なします。そのため、リアルタイムで処理を行わず、後日、決済を行うことがあるのです。もし、後日の決済時に口座にお金が入っていない場合はどうなるのかというと、デビットカードを発行した銀行などから入金依頼のメールや電話がきます。それを無視するとカードが使えなくなることがあるので注意しましょう。

決済代行とは、クレジットカードのような決済手段とそれを導入したい店舗の間に入り、決済手段を提供するサービスのことです。店舗側の決済に関する事務処理の負担を軽減できるというメリットがあります。