相続税を減らしたい人必見!不動産を買うと節税になる理由

不動産は評価価値が低くなる

普通に暮らしていると大きな負担になってしまう相続税。なるべく額を小さくしたいというのが本音です。相続税にはいくつかの節税対策がありますが、そのうちの1つに「現金を不動産に変える」という方法があります。一体どういうことなのでしょうか。相続税の額は、遺産にどれくらいの価値があるかによって決まります。現金は金額がそのまま評価額になりますが、不動産は市場価格よりも低い金額が評価額になります。不動産はすぐに現金化することができず、流動性が低い資産だからです。そのため、同じ金額でも現金と不動産では、不動産の方が払う相続税を下げることができるのです。特に建物が建っていればいろいろな控除制度を利用することができるため、更に相続税の額を下げることができます。ただし、不動産は所有していると固定資産税の支払いが発生することになるため、トータルで損をしないように長期的な目線で計算することが重要です。

不動産を買うことで資産そのものが縮小する

土地や建物は非常に金額が大きい資産です。購入すればそれだけお金が必要になり、現金の資産が減ることになります。現金や預貯金と言った金融資産は、額そのものが評価額となるため相続税が高額になりがちです。それらを不動産に変えることで、結果として相続税を減らすことができるのです。もちろんマンションなどを買うことも有効になります。お墓や仏壇も大きな買い物なので、生前に準備することで相続税を減らすことができます。特にお墓や仏壇、礼拝物などは非課税財産なので、節税の観点から見てもぜひ注目しておきたいところです。

初めての相続では分からないことばかりです。相続税の申告にも期限があるため放っておくこともできません。無料の相続税の相談を横浜でも見つけることができるでしょう。