人件費を抑える就業規則は?働きやすい就業規則は?

労働基準法に則した就業規則を作成

企業は、効率的な企業運営を望みます。売上は大きく、経費は少なくです。企業の経費の多くを占めるのが人件費で、人件費はできるだけ減らしたいでしょう。しかし、人件費を下げ過ぎると問題も起きます。最低賃金が決められていますし、労働時間に合った給料の支払いも必要です。残業代などを払わなければ大きな問題になります。そこで社会保険労務士に相談をして、労働基準法に則した就業規則を作成してもらいましょう。就業規則の最低基準が労働基準法になります。これを下回る規則は作れません。労働基準法は労働者側に立った部分も多く、改正によって人件費が上るときもあります。いかに人件費を上げずに法律に則った就業規則にするかが問題になるでしょう。

労働者の働きやすさを考慮した就業規則

海外のIT企業の日本法人が日本で事業を展開しています。日本なので働いている人は日本人が多いですが、もちろん海外からも多くの人が来ています。企業運営に関しては、日本では日本の法律に従う必要があります。法律に従いながら、それぞれの企業のスタイルも出さなくてはいけません。すべての海外企業ではないですが、一般の日本企業に比べると働きやすい職場環境が整っているように見える会社があります。働く時間であったり、社員間のコミュニケーションなどがしやすいようです。もし労働者の働きやすさを重視したいなら、社会保険労務士に就業規則の相談をしてみましょう。就業規則は労働基準法より良い条件ならいくらでも良くできます。有給休暇も増やせます。

社会保険労務士の就業規則に関する知識は豊富ですから、トラブルが発生したら早めに相談しましょう。労働者はもちろん、経営者からの相談にも対応しています。